Book log

ブクログを新たに登録しました。
前にもしていたのですが、パスワードを忘れました。
メルアドを忘れたから、再発行(?)もできません。
よって、ほぼ同じモノが入っています。
どーにか解除しようと、記憶の奥底をたどっています。


とりあえず、新しく入れているほうを是非見てください。
↓↓↓
毒(ろ)の素


ブクログだけど本が少ない。
[PR]
# by dokurokinoko | 2005-06-02 02:58 | 私的日記

いなか。

実家に帰ってます。

明日には戻るんだが、何もしない3日間。
とりあえず体調が悪い。

一昨日、京都からコッチに帰ろうと電車に乗る。
最近なんて暑いんだ。でも寒がりの私にはちょうどいい。
まあ、5月も終わりだし…。
電車に揺られること3時間。なんだか寒い。
暑いからってクーラー寒すぎ、
お客もほとんど居なくなった車両はどこからともなく冷たい風が当たる。
そして、いなかの駅に降り立つ。

さむい

ナメてました。
いなかのこのマイナスイオン(←マイナスイオンってなんか寒そうだから)
街中のムゥアッ…って空気じゃないってゆうか、その分寒いってゆうか。
海が近くだから余計風もあるし…

ナメてたので、半袖のTシャツしか持って来て居ません。
ずっと、高校の時のジャージを着て居ます。


更に、数日前の腹痛(↓下記参照)を引きずっているので、
いっぱい出される料理を食べられません。
いきなり寒い所に来たから、悪化したよーな…
1日目は数日前に勝るとも劣らぬ激痛に耐え、夜中復活。
せっかくなので、怖いけど夜中ひとりででっかい松葉蟹を食らう。なんだか変な光景。


今回帰省したのは、親にカオ見せにってのもあるが、
余命少ないであろう、愛犬バニラの様子を伺いに来た。
相変わらず煙の嫌いなバニラは、私が喫煙し出したと同時に、
私を覚えてるか覚えてないかよりも、煙臭い私をちょっと嫌がっている。
切ない。
バニラは今年で15歳かな?
『弱ってきてるから、帰って来!』との親の言葉にだまされた。
全然元気である。
歳をとって、顔は痩せて腹は出てきてはいるが、
散歩中私を引っ張る力はある。臆病なのは相変わらずだけどなあ。
久しぶりに帰ってきて最初に吠えられるってのは、元気な証拠か。
夏はキツイかもしれないけど、なんとかなるだろう。

…と、のんびり考えてしまうこの土地柄。
だいぶお腹が復活してきた私は、
あっさりなおふくろの味よりもコッテリガッツリなものが食べたくなってくる。
この家を離れて大分経つんだなあと実感する時。
[PR]
# by dokurokinoko | 2005-06-01 01:14 | 私的日記

神戸"CAFE FISH!"にて。

先日5/27、神戸まで隊長と足を運ぶ。

今年2月だったか友人と久しぶりの再会を果たすため、
2年ぶりに神戸に行った以来。

方向音痴な上に、神戸は全く土地感もない為、ほぼ隊長に連れて行ってもらうばかり。
一人だと絶対来られない。

前日バイトのお疲れ様的な飲み会の後だったので、遅めの起床。
準備にたっぷりの時間を要して向かったのは、
Double Famousのライブの為。
さて、出かけようという玄関先で鳴る電話。



この日の色んな事の始まりはコレから。
の内容は、明日知り合いのイラストレーターに紹介するからイベントに来ない?とゆうもの。
快く『行きます』と返事をしながら、今の時間は間に合うかを気にする。
昼間そんなに外を歩く事もなかったんで、汗だく。待ち合わせの駅で一服…
目の前にイヤホンを付けた気持ち悪くニヤニヤした男がこっちを見ている。
キモイなぁ、と思っていたら、こっちに近づいてくる。
『おいくつですか?』



……私服警官だった。
こんな歳になって、未成年と間違われて嬉しくもなんともない。
逆に凹むわっ!!
はいはい。と免許証を差し出し退散させた。いつまでもニヤニヤしている。

まだ神戸に着いてもいないし、隊長と合流もしていない…

やっとの思いで(私は)電車に乗り込み、神戸では隊長の後を着いてく。
兵庫出身だから(神戸とは程遠いけど)
なんとなく京都とは違う雰囲気が懐かしい気がしていたけれど、
もうそんな事は言えないくらい京都に居座り過ぎて、街中のフレッシュさに違和感を感じる。
街中の平均年齢が低いのよ!!平日だから??いやいや、
京都ではもっと何者か分からぬ20過ぎた若者や、お年寄りの数はもっといるぞ!
見る奴見る奴10代にしか見えない…
こうして、次の日”京都はうだつの上がらないクリエーターの街”とゆう話をするのだが。

きょろきょろ、うろうろしながら、もうとりあえずライブですね。
CAFE FISH!は外のでっかい魚のオブジェ?とすぐそこが海ってので
もーぅ、神戸のおしゃれなイイとこ取りな感じのお店で来ただけで満足Y
Double Famousの出る前にBE THE VOICEがライブをして、ゆったりした時間が流れる。
入る時に渡されたドリンクチケットがくっついて2枚渡されて、上機嫌で飲む。
イイ感じに酔いもまわり、これからって時に、
気持ちイイ酔いが気持ち悪い酔いになってくる。
目の前の良い場所を取って居たにも関わらず、人込みの中に居るのが辛く、
一番見えにくい人もまばらな所に移動…(隊長本当にごめん)
で、トイレにもこもる。
どれぐらい経っただろうか…吐き気の次に腹痛に見舞われそれが段々波になって来た時、
ドンドン‼
激しくノックする音。そのトイレはドアの外の手洗いの外にもドアと鍵が付いている。
そこまで立ち上がれる訳もなく、ただ、痛みが弱まるのを待つ。
そのまま眠気も襲い、気を失いそうに何度かなる。その間にもノックされる。
ちょっと動けるようになり、なんともない顔で外に出ると男の人が5人は待っていた。
よくよく後で考えてみると、そこは男女兼用。
2つあるトイレの内1つは女性専用で1つは男女兼用。男の人はそこにしか入れない。
多分ガンガンノックをしていただろう人は私を見てびっくりしたようだった。
今考えるとそーとー恥ずかしいが、そのときはそれどころではなかった。

ライブも終盤になってきたところでやっと落ち着き、でも終電の時間にもなっていた。
とりあえず、あんなにも待ちわびてやっと行ったライブが楽しめないなんて最悪だ。
雰囲気だけは味わったが…N
2度目のアンコールを尻目にそそくさと駅まで急ぐ。
その道で外国の硬貨だと思って拾い上げた1円玉。
いつもならラッキー↑とウキウキするんだろうが、なんだ1円かと思ってしまう。

結局阪急の終電には間に合わず、JRで京都駅まで帰る。
二人とも最寄駅は阪急西院駅。(そこからも少し距離はあるが)
まだライブの余韻を残しながら、気分の良かった私たちは京都駅から歩く。
最初はタクシーを捕まえるつもりで少し歩いてみたのだが、面倒くさくなった。
七条烏丸から大宮…五条…千本…西大路…
色んなモノを発見しながら多分2時間弱の道のりで家路に着いた。
あの、歩道にいっぱい打ち付けられた釘はなんだったのだろう…?

長い長い1日でした。
その日着ていたカーディガンはライチ酒の匂い。
[PR]
# by dokurokinoko | 2005-05-30 22:52 | 音楽生活